パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する

  1. 都道府県ごとの地震活動
  2. 関東地方の地震活動の特徴

関東地方の地震活動の特徴

下の地図および表から、みたい情報を選んでください。
 ( 県別 / 海溝型 / 活断層 / 表から選ぶ / 最近の地震活動 )

↑この図を拡大して見る

茨城県》  《栃木県》  《群馬県》  《埼玉県
千葉県》  《東京都 (伊豆諸島及び小笠原諸島を除く)
神奈川県》 《伊豆諸島及び小笠原諸島

【 ▼ 中部地方 】     【 ▲ 東北地方 】


A: 茨城県沖  B: 青森県東方沖から房総沖の海溝寄り  C: 相模トラフ
D: 房総沖   E: 南海トラフ

【 ▼ 中部地方 】     【 ▲ 東北地方 】


   1: 関谷断層    2: 内ノ籠断層    3: 片品川左岸断層
   4: 大久保断層    5: 太田断層    6: 長野盆地西縁断層帯
  7−1: 深谷断層帯  7−2: 綾瀬川断層    8: 越生断層
   9: 立川断層帯   10: 鴨川低地断層帯   11: 三浦半島断層群
  12: 伊勢原断層 13−1: 塩沢断層帯 13−2: 平山−松田北断層帯
13−3: 国府津−松田断層帯    14: 曽根丘陵断層帯    15: 富士川河口断層帯
  16: 身延断層   17: 北伊豆断層帯   18: 伊東沖断層
  19: 稲取断層帯   20: 石廊崎断層   21: 糸魚川−静岡構造線断層帯

【 ▼ 中部地方 】     【 ▲ 東北地方 】


地 震 マグニチュード 地震発生確率
(30年以内)

【地震発生確率値の留意点】
海溝型地震




沿
超巨大地震
(東北地方太平洋沖型)
9.0程度 ほぼ0%
福島県沖 7.0~7.5程度 50%程度
茨城県沖 7.0~7.5程度 80%程度
青森県東方沖から房総沖にかけての海溝寄り 8.6~9.0 30%程度
沈み込んだプレート内の地震 7.0~7.5程度 60%~70%
房総沖




相模トラフ沿いのM8クラスの地震 8クラス
(7.9~8.6)
ほぼ0%~6%
プレートの沈み込みに伴うM7程度の地震 7程度
(6.7~7.3)
70%程度




南海トラフで発生する地震 8~9クラス 70%~80%
内陸の活断層で発生する地震
関谷断層 7.5程度 ほぼ0%
内ノ籠断層 6.6程度 不明
片品川左岸断層 6.7程度 0.4%~0.6%以上
大久保断層 7.0程度以上 0.6%
太田断層 6.9程度 不明
長野盆地西縁断層帯
(信濃川断層帯)
飯山−千曲区間 7.4~7.8程度 ほぼ0%
麻績区間 6.8程度 不明
深谷断層帯・綾瀬川断層
(関東平野北西縁断層帯・元荒川断層帯)
深谷断層帯 7.9程度 ほぼ0%~0.1%
綾瀬川断層(鴻巣−伊奈区間) 7.0程度 ほぼ0%
綾瀬川断層(伊奈−川口区間) 7.0程度 不明
越生断層 6.7程度 不明
立川断層帯 7.4程度 ほぼ0.5%~2%
鴨川低地断層帯 7.2程度以上 不明
三浦半島断層群 主部 (衣笠・北武断層帯) 6.7程度
もしくはそれ以上
ほぼ0%~3%
主部 (武山断層帯) 6.6程度
もしくはそれ以上
6%~11%
南部 6.1程度
もしくはそれ以上
不明
伊勢原断層 7.0程度 ほぼ0%~0.003%
塩沢断層帯・
平山−松田北断層帯・
国府津−松田断層帯
(神縄・国府津−松田断層帯)
塩沢断層帯 6.8程度以上 4%以下
平山−松田北断層帯 6.8程度 0.09%~0.6%
国府津−松田断層帯 相模トラフで発生する海溝型地震と同時に活動すると推定
曽根丘陵断層帯 7.3程度 1%
富士川河口断層帯 ケースa 8.0程度 10%~18%
ケースb 8.0程度 2%~11%
もしくはそれ以下
身延断層 7.0程度 不明
北伊豆断層帯 7.3程度 ほぼ0%
伊東沖断層 6.7程度 不明
稲取断層帯 7.0程度 不明
石廊崎断層 6.9~7.0程度 不明
糸魚川−静岡構造線断層帯 北部(小谷−明科)区間 7.7程度 0.01%~16%
中北部(明科−諏訪湖南方)区間 7.6程度 14%~30%
中南部(諏訪湖北方−下蔦木)区間 7.4程度 1%~9%
南部(白州−富士見山)区間 7.6程度 ほぼ0%~0.1%
  (算定基準日: 2019年1月1日)





トップページに戻る

このページの上部へ戻る

スマートフォン版を表示中です。

PC版のウェブサイトを表示する

パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する