パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する

  1. 都道府県ごとの地震活動
  2. 海溝で起こる地震

海溝で起こる地震

地 震 マグニチュード 地震発生確率
(30年以内)

【地震発生確率値の留意点】




沿
十勝沖 8.0~8.6程度 9%
根室沖 7.8~8.5程度 80%程度
色丹島沖及び択捉島沖 7.7~8.5前後 60%程度
超巨大地震(17世紀型) 8.8程度以上 7%~40%
ひとまわり小さい
プレート間地震
十勝沖及び根室沖 7.0~7.5程度 80%程度
色丹島沖及び択捉島沖 7.5程度 90%程度
十勝沖から択捉島沖の海溝寄りの
プレート間地震(津波地震等)
8.0程度 50%程度
沈み込んだプレート内のやや浅い地震 8.4前後 30%程度
沈み込んだプレート内のやや深い地震 7.8程度 50%程度
海溝軸の外側で発生する地震 8.2前後 不明





北海道北西沖 7.8程度 0.006%~0.1%
北海道西方沖 7.5前後 ほぼ0%
北海道南西沖 7.8前後 ほぼ0%
青森県西方沖 7.7前後 ほぼ0%
秋田県沖 7.5程度 3%程度以下
山形県沖 7.7前後 ほぼ0%
新潟県北部沖 7.5前後 ほぼ0%
佐渡島北方沖 7.8程度 3%~6%




沿
超巨大地震
(東北地方太平洋沖型)
9.0程度 ほぼ0%
青森県東方沖及び岩手県沖北部 7.9程度 5%~30%
ひとまわり小さい
プレート間地震
7.0~7.5程度 90%程度以上
岩手県沖南部 7.0~7.5程度 30%程度
宮城県沖 7.9程度 20%
ひとまわり小さい
プレート間地震
7.0~7.5程度 90%程度
宮城県沖の
陸寄りの地震
(宮城県沖地震)
7.4前後 50%程度
福島県沖 7.0~7.5程度 50%程度
茨城県沖 7.0~7.5程度 80%程度
青森県東方沖から房総沖にかけての海溝寄り 8.6~9.0 30%程度
沈み込んだプレート内の地震 7.0~7.5程度 60%~70%
海溝軸外側 8.2前後 7%
房総沖




相模トラフ沿いのM8クラスの地震 8クラス
(7.9~8.6)
ほぼ0%~6%
プレートの沈み込みに伴うM7程度の地震 7程度
(6.7~7.3)
70%程度




南海トラフで発生する地震 8~9クラス 70%~80%







西





安芸灘~伊予灘~豊後水道の地震の発生領域 6.7~7.4 40%程度
日向灘プレート間地震 7.6前後 10%程度
日向灘プレート間のひとまわり小さいプレート間地震 7.1前後 70%~80%
南西諸島周辺の浅発地震の発生領域
九州から南西諸島周辺のやや深発地震の発生領域
与那国島周辺の地震の発生領域 7.8程度 30%程度
  (算定基準日: 2019年1月1日)

トップページに戻る

このページの上部へ戻る

スマートフォン版を表示中です。

PC版のウェブサイトを表示する

パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する