パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する

  1. 都道府県ごとの地震活動
  2. 海溝で起こる地震
  3. 岩手県沖南部

岩手県沖南部

日本海溝沿いのプレート間地震の評価対象領域
  (図をクリックすると拡大表示)

日本海溝沿いのプレート間地震の評価対象領域  岩手県沖南部では、プレート間巨大地震と判断される地震は東北地方太平洋沖地震を除いて発生は確認されていません。近年の地殻変動観測から、隣接する領域に比べてひずみが蓄積する速度は遅いと推測されています。しかし、近年実施された調査により、岩手県の太平洋沿岸で多くの津波堆積物が発見されました。個々の堆積物を残す地震の規模や震源域は不明であり、超巨大地震(東北地方太平洋沖型)や津波地震等による津波の影響を含むと思われますが、当該領域でプレート間巨大地震が発生した可能性も否定できません。プレート間巨大地震が発生する可能性はあるものの、将来の地震の規模・発生確率等は不明です。
 ひとまわり小さいプレート間地震については、1923年1月1日以降、2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震発生までの約88年間にM7.0以上の地震は1968年6月の地震(M7.2)の1回が知られています。これは同年5月に青森県東方沖及び岩手県沖北部で発生した1968年十勝沖地震の余震です。

 【 将来の地震発生の可能性 】  【 リンク 】

○将来の地震発生の可能性  [上に戻る]

 地震の規模  : M7.0~7.5程度
 地震発生確率: 30年以内に、30%程度  地震発生確率値の留意点
 平均発生間隔: 88.2年

 詳しい内容を知りたい方は、「日本海溝沿いの地震活動の長期評価」をご覧下さい。


○リンク  [上に戻る]

 地震動予測地図等

 長期評価等

  • 長期評価 (日本海溝沿いの地震活動の長期評価) 
    日本海溝沿いの地震の将来の発生の可能性についての評価です。
  • 東北地方太平洋沖で発生する地震・津波の調査観測
    東北地方太平洋沖地震は、M9.0というこれまでに日本国内で観測された最大の地震であり、今後も大きな余震やそれに伴う津波が発生する可能性が高いことから、今回の地震の震源域に隣接する領域を含めた広い陸海域での調査観測や研究を行い、防災・減災に資する情報を収集することが重要であるため、平成23年度より新たに5ヶ年事業として、研究機関に委託して調査観測を実施しました。

 地震活動等

 地方自治体等

  • 青森地方気象台
    青森地方気象台のページです。青森県の地震活動図等を閲覧できます。
  • 盛岡地方気象台
    盛岡地方気象台のページです。岩手県の地震解説資料や地震活動図等を閲覧できます。
  • 仙台管区気象台
    仙台管区気象台のページです。東北地方の地震概況、地震活動図(管区、県別)等、様々な情報が掲載されています。
  • 秋田地方気象台
    秋田地方気象台のページです。秋田県の過去の地震発生状況等を閲覧することができます。
  • 山形地方気象台
    山形地方気象台のページです。山形県の地震活動図等、様々な情報が掲載されています。
  • 青森県
    青森県の「青森県防災ホームページ」です。災害情報や防災マップ、地震被害想定調査結果などを閲覧することができます。
  • 岩手県
    岩手県の「いわて防災情報ポータル」のページです。
  • 宮城県
    宮城県の防災・安全のページです。
  • 仙台市
    仙台市の防災・緊急情報のページです。宮城県沖地震に関する情報や地震被害想定など、様々な情報が掲載されています。
  • 秋田県
    秋田県防災ポータルサイトです。
  • 山形県
    山形県の防犯・防災のページです。


「東北地方」に戻る

このページの上部へ戻る

スマートフォン版を表示中です。

PC版のウェブサイトを表示する

パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する