パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する

  1. 計画と予算
  2. 会議資料
  3. 地震調査研究推進本部第8回本部会議について

地震調査研究推進本部第8回本部会議について

 

平成10年8月28日
科学技術庁研究開発局

 本日(平成10年8月28日(金))午前11時より開催された地震調査研究推進本部(本部長:竹山裕科学技術庁長官)の第8回本部会合の概要は、以下のとおり。

  1. 議事次第は別紙1参照
  2. 議題(1)の平成11年度地震調査研究関係予算概算要求については、政策委員会における審議状況を踏まえて、地震調査研究推進本部としてこれを決定した。平成11年度の地震調査研究予算の概算要求等は別紙2参照。
  3. 議題(2)の政策委員会の最近の活動状況について、伊藤滋政策委員会委員長(慶応大学大学院教授)から報告がなされた。特に、地震調査研究に関する総合的かつ基本的な施策については、政策委員会の小委員会の片山主査(防災科学技術研究所所長)から検討状況に関する報告がなされた。
  4. 議題(3)の地震調査委員会の最近の活動状況について、宮崎大和地震調査委員会委員長((財)日本測量調査技術協会顧問)から、①定例会及び臨時会の開催状況、②余震確率評価手法の検討、③長期的な地震発生確率の評価手法の検討、④活断層評価の状況等について報告がなされた。

本件に関する問い合せ先           

科学技術庁研究開発局地震調査研究課 

担当:下田、石井、鎌谷           

電話:03−3503−8161〜5   


文部科学省の報道発表へ戻る

このページの上部へ戻る

スマートフォン版を表示中です。

PC版のウェブサイトを表示する

パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する