地震調査研究推進本部


トップ近畿地方中国・四国地方>中央構造線断層帯(金剛山地東縁−伊予灘)

中央構造線断層帯(金剛山地東縁−伊予灘)

 中央構造線断層帯は、近畿地方の金剛山地の東縁から、和泉山脈の南縁、淡路島南部の海域を経て、四国北部を東西に横断し、伊予灘に達する長大な断層帯です。
 中央構造線断層帯は、奈良県香芝(かしば)市から五條市、和歌山県和歌山市、淡路島の兵庫県南あわじ市(旧三原郡南淡町)の南方海域を経て、徳島県鳴門市から愛媛県伊予市まで四国北部をほぼ東西に横断し、伊予灘に達しています。断層はさらに西に延びますが、ここでは佐田岬北西沖付近よりも東側を評価の対象としています。全体として長さは約360kmで、右横ずれを主体とし、上下方向のずれを伴う断層帯です。なお、断層帯の最東端の奈良県香芝市から五條市に至る金剛山地東縁部は西側が相対的に隆起する逆断層です。

※それぞれの図をクリックすると大きく表示されます。






隣接する有馬−高槻断層帯六甲・淡路島断層帯大阪湾断層帯との位置関係図はこちら

 【 断層帯の過去・将来の活動 】  【 将来の地震発生の可能性 】  【 もしこの地震が発生したら 】  【 リンク 】

○断層帯の過去・将来の活動  [上に戻る]
<過去の活動>
 中央構造線断層帯は、過去の活動時期の違いなどから、全体が6つの区間に分けられます。
 金剛山地東縁の奈良県香芝市から五條市付近までの区間では、約2千年前以後、4世紀以前に最新活動があったと推定され、その平均的な活動間隔は約2千−1万4千年であった可能性があります。
 和泉山脈南縁の奈良県五條市から和歌山市付近に至る区間では、7世紀以後、9世紀以前に最新活動があったと推定され、1回の活動に伴う右横ずれ量は4m程度であった可能性があります。また平均的なずれの速度と1回のずれの量から求められる平均的な活動間隔は、約1千1百−2千3百年であった可能性があります。
 和歌山市付近ないしその西側の紀淡海峡から鳴門海峡に至る区間の最新活動は、約3千1百年前以後、約2千6百年前以前で、その平均的な活動間隔は、約4千−6千年であった可能性があります。本区間の最新活動の際に東側または西側の区間が同時に活動したかどうかは不明です。
 四国東端の鳴門市付近から愛媛県伊予市を経て伊予灘の佐田岬北西沖付近に至る範囲では、16世紀に最新活動があったと推定される。この時には、鳴門市付近から佐田岬北西沖付近まで同時に活動したと推定されるが、複数の区間に分かれて活動した可能性もある。また、一つ前の活動では、石鎚断層及びこれより東側の区間(讃岐山脈南縁−石鎚山脈北縁東部)、石鎚山脈北縁の岡村断層からなる区間、川上断層及びこれより西側の区間(石鎚山脈北縁西部−伊予灘)の3つに分かれて活動したと推定されます。岡村断層は、その東半分が讃岐山脈南縁−石鎚山脈北縁東部の区間と並走し、また、西半分が石鎚山脈北縁西部−伊予灘の区間と並走します。各区間の1回の活動に伴う右横ずれ量は、讃岐山脈南縁−石鎚山脈北縁東部で6−7m程度、石鎚山脈北縁の岡村断層で6m程度、石鎚山脈北縁西部−伊予灘で2−3m程度であった可能性がある。それぞれの区間の平均的な活動間隔は、東側の讃岐山脈南縁−石鎚山脈北縁東部では、約1千−1千6百年、中央の岡村断層では、約1千−2千5百年、西側の石鎚山脈北縁西部−伊予灘では、約1千−2千9百年であった可能性があります。
<将来の活動>
 中央構造線断層帯は連続的に分布しており、地表における断層の形状のみから将来同時に活動する区間を評価するのは困難です。ここでは主に過去の活動時期から全体を6つの区間に区分しましたが、これらの区間が個別に活動する可能性や、複数の区間が同時に活動する可能性、さらにはこれら6つの区間とは異なる範囲が活動する可能性も否定できません。
 6つの区間が個別に活動する場合には、以下のような地震の発生が想定されます。
 金剛山地東縁の区間が活動すると、マグニチュード6.9程度の地震が発生すると推定され、その際に金剛山地の東縁では断層の西側が東側に対して相対的に1m程度高まる段差や撓みが生じる可能性があります。
 和泉山脈南縁の区間が活動すると、マグニチュード7.6−7.7程度の地震が発生すると推定され、その際に4m程度の右横ずれが生じる可能性があります。
 和歌山市付近もしくはその西側の紀淡海峡から鳴門海峡に至る区間が活動すると、マグニチュード7.6−7.7程度の地震が発生すると推定されます。
 讃岐山脈南縁から石鎚山脈北縁東部の石鎚断層に至る区間が活動すると、マグニチュード8.0程度もしくはそれ以上の地震が発生すると推定され、その際に6−7m程度の右横ずれが生じる可能性があります。
 石鎚山脈北縁の岡村断層が活動すると、マグニチュード7.3−8.0程度の地震が発生すると推定され、その際に6m程度の右横ずれが生じる可能性があります。
 石鎚山脈北縁西部の川上断層から伊予灘の佐田岬北西沖に至る区間が活動すると、マグニチュードが8.0程度もしくはそれ以上の地震が発生すると推定され、その際に2−3m程度の右横ずれが生じる可能性があります。
 また、上記6つの区間とは異なる範囲が活動する可能性や断層帯全体が同時に活動する可能性も否定できません。断層帯全体が同時に活動した場合は、マグニチュード8.0程度もしくはそれ以上の地震が発生すると推定されます。この場合の地震発生の長期確率は求めることはできませんが、上で想定した6つの区間が個別に活動する長期確率を超えることはないと考えられます。  地震発生の長期確率にはいずれも幅がありますが、その最大値をとると、金剛山地東縁と和泉山脈南縁の区間は、今後30年の間に地震が発生する可能性が、我が国の活断層の中では高いグループに属することになります。また、紀淡海峡から鳴門海峡に至る区間、讃岐山脈南縁から石鎚山脈北縁東部の石鎚断層に至る区間、石鎚山脈北縁の岡村断層からなる区間、及び石鎚山脈北縁西部の川上断層から伊予灘の佐田岬北西沖に至る区間は、今後30年の間に地震が発生する可能性が、我が国の活断層の中ではやや高いグループに属することになります。

 詳しい内容を知りたい方は、「中央構造線断層帯(金剛山地東縁−伊予灘)の評価(一部改訂)」( html版 / PDF版(37MB) )をご覧下さい。


○将来の地震発生の可能性  [上に戻る]
≪金剛山地東縁≫
 地震の規模  : M6.9程度
 地震発生確率: 30年以内に、ほぼ0%〜5%  地震発生確率値の留意点
 地震後経過率: 0.1−1.0  地震後経過率とは?
 平均活動間隔: 約2000年−14000年
 最新活動時期: 約2000年前−4世紀

≪和泉山脈南縁≫
 地震の規模  : M7.6−7.7程度
 地震発生確率: 30年以内に、0.06%〜14%  地震発生確率値の留意点
 地震後経過率: 0.5−1.3  地震後経過率とは?
 平均活動間隔: 1100年−2300年程度
 最新活動時期: 7世紀−9世紀

≪紀淡海峡−鳴門海峡≫
 地震の規模  : M7.6−7.7程度
 地震発生確率: 30年以内に、0.005%〜1%  地震発生確率値の留意点
 地震後経過率: 0.4−0.8  地震後経過率とは?
 平均活動間隔: 約4000年−6000年
 最新活動時期: 約3100年前−2600年前

≪讃岐山脈南縁−石鎚山脈北縁東部≫
 地震の規模  : M8.0程度
 地震発生確率: 30年以内に、ほぼ0%〜0.3%  地震発生確率値の留意点
 地震後経過率: 0.3−0.5  地震後経過率とは?
 平均活動間隔: 約1000年−1600年
 最新活動時期: 16世紀

≪石鎚山脈北縁(岡村断層)≫
 地震の規模  : M7.3−8.0程度
 地震発生確率: 30年以内に、ほぼ0%〜0.3%  地震発生確率値の留意点
 地震後経過率: 0.2−0.5  地震後経過率とは?
 平均活動間隔: 約1000年−2500年
 最新活動時期: 16世紀

≪石鎚山脈北縁西部−伊予灘≫
 地震の規模  : M8.0程度もしくはそれ以上
 地震発生確率: 30年以内に、ほぼ0%〜0.3%  地震発生確率値の留意点
 地震後経過率: 0.1−0.5  地震後経過率とは?
 平均活動間隔: 約1000年−2900年
 最新活動時期: 16世紀

 詳しい内容を知りたい方は、「中央構造線断層帯(金剛山地東縁−伊予灘)の評価(一部改訂)」( html版 / PDF版(37MB) )をご覧下さい。


○もしこの地震が発生したら  [上に戻る]

【「詳細法」・「簡便法」とは?】

≪金剛山地東縁≫
【詳細法震度分布】 【簡便法震度分布】
※図中の波線範囲は詳細法による解析範囲

≪和泉山脈南縁≫
 【詳細法震度分布】
【ケース1】
【ケース2】
【ケース3】
【ケース4】
 【簡便法震度分布】

※図中の波線範囲は詳細法による解析範囲

≪金剛山地東縁−和泉山脈南縁≫
 2003年2月12日に公表された「中央構造線断層帯(金剛山地東縁−伊予灘)の評価」(金剛山地東縁と和泉山脈南縁を1つの活動区間としていた)に基づいた強震動予測計算結果です。
 【詳細法震度分布】
【ケース1】
【ケース2】
 【簡便法震度分布】

※図中の波線範囲は詳細法による解析範囲

≪紀淡海峡−鳴門海峡≫
 【詳細法震度分布】
【ケース1】
【ケース2】
【ケース3】
【ケース4】
 【簡便法震度分布】

※図中の波線範囲は詳細法による解析範囲

≪讃岐山脈南縁−石鎚山脈北縁東部≫
<入倉・三宅(2001)によりパラメータを設定するが、すべり量が観測事実に整合するようMを調整する(ここでは0.6×M)>
 【詳細法震度分布】
【ケース1】
【ケース2】
 【簡便法震度分布】

※図中の波線範囲は詳細法による解析範囲

<まずはセグメントごとにMを算出し、それらを合算したMから各パラメータを設定する>
 【詳細法震度分布】
【ケース1】
【ケース2】
 【簡便法震度分布】

※図中の波線範囲は詳細法による解析範囲

≪石鎚山脈北縁≫
 【詳細法震度分布】
【ケース1】
【ケース2】
【ケース3】
【ケース4】
 【簡便法震度分布】

※図中の波線範囲は詳細法による解析範囲

≪石鎚山脈北縁西部−伊予灘≫
<入倉・三宅(2001)によりパラメータを設定する>
 【詳細法震度分布】
【ケース1】
【ケース2】
 【簡便法震度分布】

※図中の波線範囲は詳細法による解析範囲

<まずはセグメントごとにMを算出し、それらを合算したMから各パラメータを設定する>
 【詳細法震度分布】
【ケース1】
【ケース2】
 【簡便法震度分布】

※図中の波線範囲は詳細法による解析範囲

 詳しい内容を知りたい方は、 「全国地震動予測地図」 、「中央構造線断層帯(金剛山地東縁区間、和泉山脈南縁区間)での地震を想定した予測震度分布」(PDF 3.3MB)、および「中央構造線断層帯(金剛山地東縁−和泉山脈南縁)の地震を想定した強震動評価」( html版 / PDF版(7.1MB) )をご覧下さい。

○リンク  [上に戻る]

 地震動予測地図等

 活断層評価等

 地震活動等

 地方自治体等

 【近畿地方】  【中国・四国地方】  【九州地方】


上に戻る
「近畿地方」に戻る
「中国・四国地方」に戻る


Copyright © the Headquarters for Earthquake Research Promotion , All rights Reserved.