能登半島付近の主な被害地震


上図矩形内の地震の石川県における被害
年月日主な被害
1729.8.16.6〜7珠洲郡、鳳至郡で死者5、家屋全壊・同損壊791、輪島村で家屋全壊28.能登半島先端で被害が大きい。
1799.6.296.0金沢城下で家屋全壊26、能美・石川・河北郡で家屋全壊964、死者は全体で21
1892.12.96.4羽咋郡高浜町・火打谷村で家屋破損あり。堀松村末吉で、死者1、負傷者5、家屋全壊2(12月11日にも同程度の地震あり)
1933.9.216.0死者3、負傷者55、住家全壊2
1993.2.76.6負傷者30(重傷1、軽傷29[うち1人は新潟県])

なお、最近では2000年6月7日の石川県西方沖の地震で負傷者3人の被害があった。


気象庁
平成19年3月26日第166回地震調査委員会資料 『平成19年(2007年)能登半島地震の評価』