平成18年3月14日
地震調査研究推進本部
地震調査委員会


三峠・京都西山断層帯の新たな調査研究に基づく審議の結果について


地震調査研究推進本部は、「地震調査研究の推進について−地震に関する観測、測量、調査及び研究の推進についての総合的かつ基本的な施策−」(平成11年4月23日)を決定し、この中において、「全国を概観した地震動予測地図」の作成を当面推進すべき地震調査研究の主要な課題とし、また「陸域の浅い地震、あるいは、海溝型地震の発生可能性の長期的な確率評価を行う」とした。

地震調査委員会では、この決定を踏まえつつ、これまでに陸域の活断層として、98断層帯の長期評価を行い公表した。

三峠(みとけ)・京都西山断層帯の評価は平成17年2月9日に公表しているが、その後、京都府によって実施された平成16年度地震関係基礎調査交付金に基づく調査結果が明らかになった。

地震調査委員会ではこの調査結果について審議したが、断層活動に関わる新たな知見は得られていないと判断し、評価の改訂は行わないこととした。