パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する

  1. 地震・津波の知識
  2. セミナー
  3. 防災教育推進フォーラム(文部科学省・盛岡地方気象台・岩手県・一関市・NHK盛岡放送局)開催結果について

防災教育推進フォーラム
(文部科学省・盛岡地方気象台・岩手県・一関市・NHK盛岡放送局)
開催結果について

文部科学省・盛岡地方気象台・岩手県・一関市・NHK盛岡放送局では、地震・津波災害など自然災害を正しく理解し、自ら的確な判断の下で防災・減災行動を取れるよう、地域や学校で実践的な防災教育を推進し、地域社会全体の防災力を高めることを目的とした下記の防災教育推進フォーラム「災害は突然やってくる… 〜今からはじめよう!日頃の「防災教育」〜」を共同開催しました。
一般の方々や自主防災関係者等約150名の方が参加され、実践事例発表会やパネルディスカッション等、多彩なプログラムが行われ、参加者の熱心な聴講とともに活発な議論が行われました。
その概要を以下のとおり報告いたします。

フォーラムタイトル 災害は突然やってくる…
〜今からはじめよう!日頃の「防災教育」〜
開催日時 平成21年11月21日(土) 10:30〜16:05
会 場 一関文化センター 中ホール
(岩手県一関市大手町2-16)
主 催 文部科学省、盛岡地方気象台、岩手県、一関市、NHK盛岡放送局
後 援 内閣府(防災担当)
対 象 一般の方々
参加人数 154名
プログラム こちらをクリック

〔フォーラムの風景〕

会場の様子

受付の様子

会場展示の様子

開会挨拶:南山室長
(文部科学省研究開発局地震・防災研究課)

研究成果報告:南山室長
(文部科学省研究開発局地震・防災研究課)

実践事例発表会
(岩手県及び近隣の実践団体:5団体)

各実践事例発表に対する講評

ミニ講座:向井次長
(盛岡地方気象台)

基調講演:今村教授
(東北大学大学院工学研究科災害制御研究センター)

パネルディスカッションの様子1

パネルディスカッションの様子2

コーディネーター:伊藤会長
(NPO法人防災情報機構)

質疑応答の様子

実践事例発表団体表彰式

閉会挨拶:日野台長
(盛岡地方気象台)

このページの上部へ戻る

〔当日のプログラム〕
時 間 内容
10:00 開場・受付
10:30〜10:40 開会挨拶
10:40〜11:00 研究成果報告 文部科学省研究開発局地震・防災研究課
11:00〜12:15 1部:実践事例発表(5組各15分)
①あそびma・senka ②釜石市立釜石東中学校 ③宮古市立鍬ヶ崎小学校
④気仙沼市 ⑤秋田工業高等専門学校

概要メモ(事務局作成) (PDF 8 KB)
12:15〜13:00 休憩
13:00〜13:15 ミニ講座「緊急地震速報について」
講師:向井 幸雄 盛岡地方気象台次長
13:15〜14:00 基調講演「地域での地震・津波災害への対応と防災教育」
講師:今村 文彦 東北大学大学院工学研究科災害制御研究センター教授

概要メモ(事務局作成) (PDF 14 KB)
14:00〜14:15 休憩
14:15〜15:45 パネルディスカッション「防災意識向上のために、地域で行う防災教育とは?」
○コーディネーター
伊藤 和明(NPO法人防災情報機構会長)
○パネリスト(50音順)
越野 修三(岩手県総務部総合防災室 防災危機管理監)
菅原 清一(一関市消防本部 防災安全対策監兼防災課長)
西里 真澄(あそびma・senka)
南山 力生(文部科学省研究開発局地震・防災研究課 防災科学技術推進室長)
森本 晋也(釜石市立釜石東中学校教諭)
○アドバイザー
今村 文彦(東北大学大学院工学研究科災害制御研究センター教授)

概要メモ(事務局作成) (PDF 19 KB)
15:45〜16:00 実践事例発表団体表彰式
16:00〜16:05 閉会挨拶
16:05 閉会

当日配布資料

講師・パネリストURL

その他参考URL

このページの上部へ戻る



スマートフォン版を表示中です。

PC版のウェブサイトを表示する

パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する