パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する

  1. 都道府県ごとの地震活動
  2. 海溝で起こる地震
  3. 与那国島周辺の地震

与那国島周辺の地震

 この領域で発生し日本(八重山列島)に被害を及ぼしたM7.5以上の地震は、1900年以降現在までに、1966年の地震(M7.8)が知られています。この領域で今後30年以内に最大規模の地震が発生する確率は30%程度です。

  ※図をクリックすると大きく表示されます。

 【 将来の地震発生の可能性 】  【 与那国島周辺の地震の過去の発生状況と被害 】  【 リンク 】

○将来の地震発生の可能性  [上に戻る]
 地震の規模  : M7.8程度
 地震発生確率: 30年以内に、30%程度  地震発生確率値の留意点
 平均発生間隔: 約100年

 詳しい内容を知りたい方は、「日向灘および南西諸島海溝周辺の地震活動の長期評価」をご覧下さい。


○与那国島周辺の地震の過去の発生状況と被害  [上に戻る]

発生年月日 地震の規模 被害等
1966年3月13日
(昭和41)
M7.8 台湾東方沖。与那国島で死者2名、 家屋全壊1棟、 半壊3棟、 石垣崩壊23箇所等の被害があり、震度は与那国島で5、 石垣島で4、宮古島で3を観測した。沖縄・九州西海岸に小津波が観測されている。
(「日向灘および南西諸島海溝周辺の地震活動の長期評価」より)

○リンク  [上に戻る]

 地震動予測地図等

 長期評価等

 地震活動等

  • 毎月の地震活動の評価
    地震調査委員会による毎月(および臨時)の地震活動の評価です。
  • 主な地震活動の評価
    各地震活動について、これまでに公表された評価結果をとりまとめたものです。
  • 日本の地震活動 −被害地震から見た地域別の特徴− <第2版>
    全国の地震活動の概要と地震に関する基礎知識、そして、日本を北海道、東北、関東、中部、近畿、中国・四国及び九州・沖縄に区分し、その地方の地震活動の概要をはじめ、その地域に被害を及ぼす地震のタイプ、これまでに発生した主な被害地震の概要、都道府県別(北海道は地域別)の特徴について書かれています。
  • 震源・震度に関する情報
    気象庁、防災科学技術研究所、大学などの地震観測データに基づく震源・震度に関する情報です。
  • 地震に関するパンフレット
    地震発生のしくみ、地震調査研究推進本部の取組などを解説した各種パンフレットです。

 地方自治体等

  • 沖縄気象台
    沖縄気象台のページです。
  • 宮古島地方気象台
    宮古島地方気象台のページです。宮古島地方の地震活動図等を閲覧することができます。
  • 石垣島地方気象台
    石垣島地方気象台のページです。津波防災マニュアル等を閲覧することができます。
  • 南大東島地方気象台
    南大東島地方気象台のページです。大東島地方の地震活動図等を閲覧することができます。
  • 沖縄県
    沖縄県の防災のページです。


「九州・沖縄地方」に戻る

このページの上部へ戻る

スマートフォン版を表示中です。

PC版のウェブサイトを表示する

パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する