パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する

  1. 都道府県ごとの地震活動
  2. 中国・四国地方の地震活動の特徴
  3. 山口県の地震活動の特徴

山口県の地震活動の特徴

 山口県に被害を及ぼす地震は、主に陸域の浅い場所で発生する地震と、安芸(あき)灘周辺などの瀬戸内海西部のやや深い場所で発生する地震と、南海トラフ沿いで発生する地震です。

   山口県とその周辺の主な被害地震   (図をクリックすると拡大表示)
山口県とその周辺の主な被害地震  山口県で発生した被害地震は、1793年の長門(ながと)・周防(すおう)の地震(M6 1/4~M6 1/2、防府(ほうふ)で被害)、1857年の萩の地震(M6.0)、1898年の見島の地震(M6.2)、1941年の須佐付近の地震(M6.2)などが知られています。最近では、1987年に山口県中部でM5.4の地震があり、山口市で小被害が生じたほか、1997年に山口・島根県境付近の地震(M6.6)が発生し、小被害が生じました。また、1991年に周防灘でM6.0の地震があり局所的な被害が生じましたが、これも陸域の浅い地震と同じタイプと考えられています。一方、県内の活断層で発生した被害地震は知られていません。なお、1940年の隠岐島近海のM6.6の地震のように、日本海南西部では浅い場所で逆断層型の地震が発生することもあり、沿岸で津波被害が生じる可能性もあります。
 山口県では、1979年のM6.0の地震のように、周防灘、安芸灘や伊予灘など瀬戸内海の西部に発生する地震や島根県の石見(いわみ)地方で発生する地震によって、小さいながら被害を受けたことがあります。また、1946年の南海地震(M8.0)では、軽微な被害を受けました。また、1707年宝永地震による津波は瀬戸内海にも及び、沿岸部の塩田や水田に被害が及びました。
 山口県の活断層には、広島県西部の大竹市から山口県周南市、広島県廿日市(はつかい ち)市を経て、広島市安佐北区に至る岩国-五日市断層帯と、周防灘に分布する周防灘断層帯、安芸灘に分布する安芸灘断層帯、山口県西部から響(ひびき)灘まで延びる菊川(きくがわ)断層帯があります。その他、中国地域の活断層の長期評価(第一版)で評価の対象となった断層として、宇部南方沖(うべなんぽうおき)断層地福(じふく)断層大原湖(おおはらこ)断層小郡(おごおり)断層筒賀(つつが)断層滝部(たきべ)断層奈古(なご)断層栄谷(さかえだに)断層があります。
 また、県内に被害を及ぼす可能性のある海溝型地震には、安芸灘~伊予灘~豊後水道のプレート内地震及び南海地震があります。
 岩国市や周南市を始めとする瀬戸内海沿岸や山口市中心部は、やや軟弱な地盤の影響で、地震が発生したときには、周辺の地域に比べて揺れが大きくなる可能性があります。
 県内の瀬戸内海沿岸の15市町は、南海トラフの地震で著しい地震災害が生じるおそれがあり、「南海トラフ地震防災対策推進地域」に指定されています。

【 山口県周辺の活断層と海溝で起こる地震 】 【 山口県に被害を及ぼした主な地震 】 【 リンク 】

○山口県周辺の活断層と海溝で起こる地震  [上に戻る]

地震 マグニチュード 地震発生確率
(30年以内)

【地震発生確率値の留意点】
海溝型地震
南海トラフ 南海トラフで発生する地震 8~9クラス 70%程度
日向灘および
南西諸島海溝
周辺
安芸灘~伊予灘~豊後水道 6.7~7.4 40%程度
内陸の活断層で発生する地震
菊川断層帯 北部区間 7.7程度 不明
中部区間 7.6程度 0.1%~4%
南部区間 6.9程度
もしくはそれ以上
不明
岩国-五日市断層帯 己斐断層区間 7.1程度 不明
五日市断層区間 7.2程度 不明
岩国断層区間 7.6程度 0.03%~2%
周防灘断層帯 周防灘断層帯主部区間 7.6程度 2%~4%
秋穂沖断層区間 7.1程度 不明
安芸灘断層帯 7.2程度 0.1%~10%
広島湾-岩国沖断層帯 7.5程度 不明
宇部南方沖断層 6.8程度 不明
弥栄断層 7.7程度 ほぼ0%~6%
地福断層 7.2程度 不明
大原湖断層 7.5程度 不明
小郡断層 7.3程度 ほぼ0%
筒賀断層 7.8程度 不明
滝部断層 6.1程度 不明
奈古断層 6.7程度 不明
栄谷断層 6.3程度 不明
中央構造線断層帯 金剛山地東縁 6.9程度 ほぼ0%~5%
和泉山脈南縁 7.6~7.7程度 0.07%~14%
紀淡海峡−鳴門海峡 7.6~7.7程度 0.005%~1%
讃岐山脈南縁−石鎚山脈北縁東部 8.0程度 ほぼ0%~0.4%
石鎚山脈北縁 7.3~8.0程度 ほぼ0%~0.4%
石鎚山脈北縁西部−伊予灘 8.0程度
もしくはそれ以上
ほぼ0%~0.4%
西山断層帯 大島沖区間 7.5程度 不明
西山区間 7.6程度 不明
嘉麻峠区間 7.3程度 不明
小倉東断層 7.1程度 不明
  (算定基準日: 2017年1月1日)


○山口県に被害を及ぼした主な地震  [上に戻る]

西暦(和暦) 地域(名称) 主な被害(括弧は全国での被害)
1707年11月21日
(宝永4)
防長 5.5 佐波郡上徳地村で死者3人、負傷者15人、家屋倒壊289棟。
1793年1月13日
(寛政4)
長門・周防 6 1/4~6 1/2 防府で住家の損壊多数。
2000年10月6日
(平成12)
(平成12年(2000年)
鳥取県西部地震)
→【地震本部の評価】
7.3 負傷者1人。
2001年3月24日
(平成13)
(平成13年(2001年)
芸予地震)
→【地震本部の評価】
6.7 負傷者12人、家屋全壊3棟。
2005年3月20日
(平成17)
福岡県西方沖
→【地震本部の評価】
7.0 負傷者1人。


○リンク  [上に戻る]

 地震動予測地図等

 活断層評価等

 地震活動等

 地方自治体等

  • 下関地方気象台
    下関地方気象台のページです。山口県の地震活動概況等を閲覧することができます。
  • 山口県
    山口県の防災危機管理課のページです。


「中国・四国地方」に戻る

このページの上部へ戻る

スマートフォン版を表示中です。

PC版のウェブサイトを表示する

パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する